AGA治療薬として有名なものとして、プロペシアがあります。
プロペシアは2005年から日本でも認可を受けているために、AGA治療を行っている皮膚科やクリニックなどを受診することで処方してもらうことができる医薬品となります。
プロペシアに含まれている成分はフィナステリドとなりますが、フィナステリドを主成分としているAGA治療薬としてはフィンペシアやフィンカー、エフペシア、プロスカーなどの種類もあります。
また、頭皮の血行を促進させる効果があることで、AGA治療薬の種類としてミノキシジルもあります。
ミノキシジルに関してもAGA治療を行っているクリニックなどで、処方してもらうことが可能です。
プロペシアは、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンのDHTの生成を抑制させる効果があります。
フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品に該当するもので、フィナステリドの含有量がプロペシアの5倍のものとなります。
プロペシアと比較したときに、安価な価格で購入ができる錠剤となります。
ジェネリック医薬品とは先発医薬品と同じ成分や製法で作られるもので、メーカーや商品名が異なる後発医薬品のことを指します。
プロスカーはプロペシアと同じ製薬会社が作っているAGA治療薬で、プロペシアよりも1錠あたりの価格が安価です。
プロペシアは1錠が1mgですが、プロスカーは1錠あたり5mgとなります。
プロスカーを服用するときには、1錠を分割して服用を行います。
フィンカーはプロスカーのジェネリック医薬品に該当する種類のAGA治療薬で、1錠あたり5mg含まれています。
プロペシアやミノキシジル以外のAGA治療薬は日本では認められていないものとなりますので、医療機関で処方を受けることができません。
主な購入方法としては、インターネットで個人輸入代行業者が行っている通信販売を利用しての購入となります。