従来までは薄毛を改善させるための治療法としては、育毛剤や育毛シャンプーなどを使用するものでした。
頭皮の皮脂を取り除いたり、余分な汚れを落とす方法、血行を促進させることで毛髪の成長を促進させるものがほとんどだったと言えます。
海外では男性型脱毛症であるAGA治療が行える医薬品の販売が行われており、日本でも2005年にプロペシアが厚生労働省によって認可されています。
プロペシアに含まれているフィナステリドには、AGAの原因であるとされているDHTの生成を抑制させる働きがあるために、抜け毛や薄毛の症状の改善に効果があります。
AGA患者のうちの70%から80%の人に有効であると言われていますが、男性型脱毛症の治療薬となりますので、脱毛の原因について別の要因によって症状が引き起こされている場合には効果を得ることができません。
年齢が若い人のほうが効果が出やすいことや、薄毛の症状が現れてから5年以内の人に効果があると言われています。
DHTの生成を抑制させることができた場合であっても、頭皮の毛穴の皮脂が詰まっていることや、頭皮環境を改善させることができなければ、発毛させることが難しくなりますので、頭皮のケアをしっかりと併用して行うことが大切です。
AGA治療薬であるプロペシアの効果を得るためには、持続的に飲み続ける必要がります。
抜け毛や薄毛の改善の効果を得るためには、3か月から6か月ほどは飲み続けなければなりません。
AGA治療薬は健康保険が適用されませんので、治療を継続させるためには経済的な負担が考えられます。
AGA治療薬を使用して治療を行うかどうかは、経済的な側面も考えてから開始することがおすすめとなります。