ホルモンが薄毛を引き起こすAGAは、男性ホルモンの量よりも、信号を受け取る部分の感受性に問題があります。
血行や炎症の改善は大切ですが、AGAは脱毛の命令が薄毛を促進させるので、この信号を食い止める事が何よりも重要です。
信号が出る理由や、個人差の条件は特定されていないので、AGAの治療に必要な期間は、悩みを抱えている限りと言えます。
症状を抑えるのがAGAの主な治療ですから、毎日服用する薬の負担は、治療の継続と共に発生します。
一度AGA治療を始めれば、急に中断をするのは難しくなるので、続けて治療を行う事が大切です。
AGAの治療効果が発揮された後に、薬の使用を中止してしまえば、発揮された発毛作用が失われ、脱毛の信号は再び強まります。
つまり、根本的な治療が開発されない限りは、長い期間の継続が不可欠と考えられます。
薬の安全性は確立され、長期間の服用にも耐えられますが、経済的な負担は数年から数十年単位で発生しますし、長い服用を考える必要があります。
ただ、AGA対処の薬を飲み続ける限り、効果は持続的に得られるので、体の不調や耐性がなければ、安心して継続が行えます。
AGAの薬は、毛の成長を阻害する要因を抑える事が目的です。
弱った毛根や毛細血管は、他の方法で力を取り戻す必要がありますし、マッサージや栄養摂取を含め、相乗的に効果を発揮させる事が大切です。
特に、生え際は治療効果が出難い部位ですから、意識して細胞の活性化を促進する事が発毛に関わります。
効果が現状維持であっても、数十年の期間を継続する事が出来れば、新しい医療が開発されたり、効果的な手法が登場する可能性は高くなるので、将来に希望を繋げる対処が役立ちます。